2011.04.22 リハビリ
あれから今日で8ヶ月
今年は鶯が鳴かなかったが
主人が愛し想い出と共に遺してくれた大切なこの家を守ることが出来た

半年間はあの人の想い出を拾い集めながら過ぎ
それからの1ヶ月は震災、彼岸、事務手続き等で過ぎ
この1ヶ月は少々体調を崩していた

3月末、体調不良などを理由に上司に退職を願い出て
昨日、丁度3年勤めた職場を退職した
残る同僚に申し訳なく気がかりだが
先月入った20代の新人二人も仕事を覚え
来週にはまた新人が入るので大丈夫だろう

体調不良は歳のせい
冷え性から来る胃腸虚弱で漢方を処方されて飲んでいる
職場の環境も冷え性には不向きだったようだ

次の仕事を探すまでの間は心と体のリハビリに
楽しい予定をたくさん入れて外に出ようと思う
私を支えてくれた優しい人達にも会えるだけ会いたい

明日も明後日も来週も予定がいっぱいだ
5月1日には12月にお会いした福井の友人と再会する
今回はお会いするだけではなく
彼女が参加するお人形のイベントのお手伝いもさせて頂ける事になり
今からワクワクしている
お人形のイベントなので興味のある方は少ないと思いますが
もし会場にいらしたら是非お声をかけて下さい
「5A-25.26 アラドーモ百貨店」


先日の雨で桜もすっかり散ってしまったが
長い冬の間
葉を落としていた木々達が一斉に葉を広げ新緑が眩しい
さぼっていた庭の手入れも早くしないと草が生えてきた
毎年、葉ばかり元気な藤は
今年こそ花をさかせてくれるだろうか

3年前だったか4年前だったか
買い物に行ったホームセンターのレジの横に
花が終わり投げ売りされていた鉢植えの藤を
「助けてって言ってたから」と言って
あの人が買って帰り、駐車場の隅に植えた
それから藤は元気に育ち
ツルを延ばし毎年葉もたくさん出るが一向に花は咲かない
一昨年の下水道工事の際には一度根を掘り返されたが
それでも枯れずに今年も葉だけは元気だ
もしも藤が咲いたら、あの人が喜ぶだろう


そうそう
思い当たる事はすべて(地デジを除いて)終わったつもりだったが
たったひとつだけ私に出来なかった事がある
今も毎月あの人の口座から引き落とされている謎のアプラス210円
当初は引き落としを止めたいと思い
ネットや電話で問い合わせたが結局不明のまま現在に至る
最近では通帳を記入するたび
あの人が使ってくれているような気がして
ちょっと嬉しかったりもする



最後になりましたが
更新がなくても変わらずご訪問下さる皆様に
いつも心より感謝しております


2/22の更新終了時には
拍手4152、ブログ訪問者83ページでしたが
現在拍手が7294、訪問者は109ページ
温かいコメントもたくさん戴きありがとうございます

ここは、今も優しい皆様が訪れて下さり
主人の想い出が詰まった大切な場所です

血行不良でネット時間を短縮して
皆様への訪問やコメントが行き届かず申し訳ありませんが
これからも、どうぞよろしくお願いします


夜桜1 夜桜 yozakura 2
主人の好きだった天平の丘の八重桜を見てきました


... 続きを読む
2011.05.22 再リハビリ
先月リハビリ宣言をし
友人と会ったり買い物を楽しんだり
実家や千葉の義父母を訪ねたりして
出歩いたのが良かったのか
気温の上昇とともに体調もよくなった

私は、どうもせっかち過ぎるので
次の仕事はゆっくり探すつもりだったが
先週ふと目に付いた求人広告先へ電話をかけてしまい
翌日面接、翌々日から慌ただしく研修に入ったのだが…
募集内容と全く違う労働条件に呆れ
一緒に入った同僚と共に3日で辞めてしまった
(温かく応援して下さった皆様、大変申し訳ありません)

短い期間だったが研修は楽しく
一緒に入った6才下の同僚と親しくなり
とても意味のある体験だった
ここには書かないが
思い出すだけで大笑いしてしまうくらい面白かった


仕事を無くし、また時間がたっぷり出来たが
急に働く事となった時少々やり残した事が気になったので
今週はネットも封印して気がかりだった事を済ませる事にした
(コメントを戴いた皆様、お返事が遅れ申し訳ありません)

まず、月曜日にはGW中お互いの都合が付かずに会えなかった
大好きな元同僚を家に呼んでたくさんお話しした
その後の職場は仕事が減ったものの
退職者が多く相変わらず人手不足らしく
彼女もお母様の具合が悪く休みがちで近く退職したいようだ
私に先に就職して呼んでくれと笑っていた

火曜日には例外の親友に来てもらって
震災の日に借りたままになっていた懐中電灯を返した
もっと早く返したかったのだが
単一の電池がなかなか入手できず遅れてしまった
例外の親友は相変わらずひょうひょうとしていて、なんだか安心した

水曜日は凝りもせずエステの面接に行った
もうエステの仕事を探す気はないのだが
仕事を探す目的以上に好奇心が強くなっていて
「ここって、どんなとこなんだろう」って気持ちが抑えられない
前回のエステは高給で募集しておきながら
無給の長期研修(研修後は完全歩合)だったが
今回は研修期間中も時給ありの変わりに
高額な化粧品を購入させられるものだった
エステ業界も不況だから色々考えてるんだなぁーと感心する

木曜日は先送りしていたネコ部屋の大掃除
冬の布団類をすべて洗って片づけ夏仕様に変更
毛だらけの大量の洗濯物は厄介だったが
風通しも良くなって猫達もちょっと気持ちよさそうだ

金曜日は先週辞めたエステで知り合った友人と会っていた
彼女とは辞めた当日、ファミレスで3時間も盛り上がって
再会を約束していたのだが
どうも、その話の合間に私が言った言葉を彼女は確認したかったらしく
「ネコが飼えて安く住めるアパート」を見たいと言う
そのアパートは私がこの家に越す前に住んでいたところで
実家の所有なので、今も2部屋ほど荷物置き場として占領している
築40年のボロアパートだが
風呂とトイレはリフォーム済みなので住めないことはないが
2階に1人住人が居る以外空き部屋だ
荷物のない空き部屋が1つあるので、見てもらった
特にお薦めはしないが、そこでよければ家賃だけで即入居可
他に貸す予定はないので「どっちでもいいよ」と鍵を渡した

部屋を見たあと、うちのネコを見たいと言うので
家に連れてきて猫部屋に案内する(掃除しておいて良かった)
その後も彼女との話は尽きず
求職の事、将来の夢(彼女はサロンを開きたいらしい)
再婚について(彼女も現在独身)などなど夕方まで盛り上がり
またの再会を約束して別れる
彼女とはこれから長いつき合いになるような気がする
いつもの事ながら不思議な縁だ

そして今日は土曜日、少々風邪気味だが
明日から天気が崩れるらしいので洗濯をしたりしながら
久しぶりにキーボードを叩いている



先週の日曜日はあの人が眠る南千住のお寺のお施餓鬼だった
事前に葉書でお塔婆のお願いと出席を知らせていたので
お墓参りかたがた初めて出席した
都内にしては広めの駐車場も受付時間の30分前には満車
受付前にお墓参りを済ませようと早めに出て良かった
いつもように持参したお花と缶コーヒーとガムを供え
お寺さんの葉っぱ(また名前を忘れた)を一対と線香をあげ手を合わせるが
今もまだ、そこにあの人が眠っているとは信じられず
私の横で一緒に手を合わせているようにさえ思える

受付をし、お弁当を受け取り
本来なら2時過ぎに始まるらしいお経を待つのだが
義母が「最後まで居ると夕方になるからお弁当食べたら帰っていいのよ」と言ってくれてたので
お言葉に甘え帰ることにした
同じ考えの人も少なくなかったようで
駐車場では出る車と空き待ちの車が交互に行き交っていた


母の日に義父母の住まいを訪ねた際
私の事がわからない義父に義母が「幹のお嫁さんよ」って言うと
義父は腕にはめていた時計を外し私に渡そうとしてくれた
その腕時計はあの人が亡くなった後、形見として私が送った物だが
義父は「これは幹の時計だから、あなたが持っていてくれ」と言う
私は「幹さんの想い出の品はたくさんあるから、これはお義父さんが持っていて下さい」と言っても
なんども私に腕時計を渡してくれようとする
ついさっきの出来事も覚えていない義父がこんなにもあの人を思ってくれるのが切ない

昨日、義母から義父が入院したと連絡があった
すでに回復に向かっているので心配はないと言うが
明日、お見舞いに行きたいと思っている
私の事はわからなくても、せめてあの人の代わりに

病人に風邪をうつす訳にはいかないので
今日は薬を飲んでおとなしく過ごして早寝しようと思う
明日(22日)は留守になるのでこの日記も予約投稿となります。
お返事は週明けになりますが、どうぞお許し下さい。



最後に南千住の友人Mが子供の頃の事を思いだしてくれたので
メールをそのまま張らせて頂きます
------------------------------------------------------
あ、幹の事で思い出した事がある。
小学5~6年生の頃、ラジオ番組にネタを投稿して
番組で取り上げられて賞金もらったそうだよ。
「金脈」がテーマで、何か笑える話を投稿したと思うよ。
「読まれるからラジオ聴いてくれ」と言われたんで聴いた記憶がある。
投稿の内容は残念ながら覚えてない…。
「俺の金脈はだな、」と始まったのはなんか覚えてる。
みのもんたの番組だった!

聞いてた?
-----------------------------------------------------
残念ながら、その頃の私はみのもんたの番組を聞いていなかった
どなたか聞いていらした方いらっしゃいますか?



6/11 3回目のキャンドルナイト
毎月11日の夜9時から灯りを消して
震災の犠牲になった方々に鎮魂の祈りと
キャンドルの灯火を捧げましょう


4月11日 9時からキャンドルナイト



6/16 お陰様で就職先が決まりました。
一番好印象で働けたら嬉しいなと思っていた職場です。


... 続きを読む
3年勤めたパートを退職して丁度2ヶ月
「笑顔で人とふれあう仕事がしたい」と言う
希望通りの仕事が見つかり昨日が初出勤だった
勤務時間も長く覚えることは多いが
皆いい人ばかりなので
長く勤められたらと心から願っている

この年齢で宛もなく転職に踏み切ったにも関わらず
社会保険完備の好待遇の仕事が見つかったのも
あの人に守られてるからだろうと感謝する

この2ヶ月のんびりしすぎて少々運動不足になったが
お陰様で有意義な時間を過ごした
それと毎週のように友人や元同僚との食事を楽しんだので
減っていた体重がほぼ10ヶ月前の数値に戻った
私の体重が増えた事をきっとあの人も喜んでくれるだろう

よくあの人が
「何を食っても腹いっぱいになるな」って笑ってたけど
あの人と食べると何でも美味しかった


6月20日は あの人の48回目の誕生日だった
今年も日付が変わるのを待って
顔文字入りのお祝いメールを送信した

あの人だけが歳をとらないのは不公平だから
今年も誕生日を祝おうと思い買い物に出るが
あの人の好きな鰹の刺身も鰻も私は好きじゃない
以前良く買っていたお菓子でさえ 
一人では食べきれずに残ってしまう
あの人が居たら何でも食べさせてあげたいのに
食べ物が傷みやすいこの時期
仏前に供えてあげられるのは
いつもの缶コーヒーとガム
それに季節外れのリンゴくらい
それでもあの人が居たら食べてみたいだろうと思う
ミルキーロールケーキを買ってきて
仲良しのご近所さんとふたりで誕生日を祝った

照れ屋だったあの人は生前自分の誕生祝いを拒んだが
私がパートの帰りにお寿司とケーキを買って帰ると
「いらないのに」って言いながら喜んでくれた
私達は平凡だけど幸せな時を重ねていた

今もあの人がいないだけで私は変わらぬ時を重ね
スーパーに行けばあの人の好物に目がいき
広告を見ればあの人のサイズの服を探してしまう
朝のテレビ占いでも必ず二人分をチェックし
何をするにもつい「あの人だったら」と考える


去年秋にディーラーで点検整備してもらってからも
相変わらず調子の悪い車
低速でバックするとエンジンが止まる
それでもこれまですぐにかかっていたのだが
ついに先週自宅でエンジンがかからずロードサービスを呼んだ
その時は幸いエンジンがすぐにかかったが
今後もし出勤時にかからなかったらアウトだ
10月の車検前に乗り換えを考えた方がいいだろうか
「あの人だったら」迷わず次の車を探してるだろう
私も車検を期に軽自動車に乗り換えたいと思っていたのだが
いざ車を手放すとなると想い出が邪魔をする
踏ん切りを付けるためにも
来週ディーラーに車を預け詳しく調べてもらう事にしたが
残る問題が考えられる箇所は少々厄介らしく
直っても修理費がかさむそうだ
修理し車検を通しても査定がないほど古い車
すぐにまた他に異常が出る可能性も高い

私にとって車は一番苦手な分野だけに頭が痛い
取りあえず新しい職場に馴染み
無事一周忌を終えるまでなんとか動いて欲しい

ご近所のやさしい奥さんに転職の報告をしたら
彼女は私の就職を心から喜んで下さり
車の不調を知ると
「車が動かなかったらすぐ電話して
 いつでも送り迎えするよ」って言って下さった
その言葉だけでとても心強く有り難い

あの人の優しさに甘えていた私は
今も人々の優しさに支えられて生きている




最後になりましたが
更新がなくても変わらずご訪問下さる皆様に
いつも心より感謝しております
温かいコメントもたくさん戴きありがとうございます

ここは、今も優しい皆様が訪れて下さり
主人の想い出が詰まった大切な場所です

皆様への訪問やコメントが行き届かず申し訳ありませんが
これからも、どうぞよろしくお願いします




 紫陽花が庭の片隅で
 今年も優しい色の花を咲かせた
 
 あの人の笑顔の写真に
 そっと添えたら
 涙がこぼれた

あじさい あじさい2



7/2 【 お詫び 】
新しい職場はとても居心地が良く毎日楽しく働いております。
ただ、何分覚えることが多く不慣れな為 時間の余裕がなく
皆様のところへの訪問や頂いたコメントへのお返事が出来ず
大変申し訳ありません。
もう少ししたら仕事にも慣れ余裕も出来ると思いますので
どうぞ、しばらくの間 失礼をお許し下さい。


7/11 4回目のキャンドルナイト
毎月11日の夜9時から灯りを消して
震災の犠牲になった方々に鎮魂の祈りと
キャンドルの灯火を捧げましょう


7/14 初盆で昨日お墓にあの人を迎えに行ってきました。